「ドラゴンエイジ2」をクリアしたよのハナシ

ちゃお!!
元気にしてたかい?
私は元気だよ!!

はい。
では、ゲームの話を始めましょう。

PS4「ドラゴンエイジ:インクイジション」、PS3「ドラゴンエイジ:オリジン」に引き続き、PS3「ドラゴンエイジ2」をクリアしたよ。
その感想とか。
思いっきりネタバレ全開でいこうと思います。知りたくない人は読まないで。

はい。

シリーズのほかのものに比べて、なんだか世界が狭い印象なのですよね。
いったいなぜだろうかなと考えてみますと、・・・町が1つしかなかったのです。
一応その町は複数のエリアで構成されており、主に主人公たちはその中をあっちへこっちへと駆けずり回ることになる。
というか、「便利屋」のようにこき使われている感覚。
町以外にも近くの山や坑道、海岸地域も存在しますが、閉塞感は最後までぬぐえませんでした。

ま、それでも金銭や地位を取り戻すためにいたしかたなく働いていると、主人公やその仲間のせいで勃発する「不幸な出来事」満載。・・・なんでそうなるの??
いや、ほんとうに、「え?なんでそうなるの??」みたいなことありすぎ。主人公プレイヤーとして、自分の選択肢でどうしてそんな鬱展開に進んでしまうのか疑問に思える方向へ進むこと多し、なのであります。

私が本作で体験することとなったストーリーはかいつまんで箇条書きにすると、以下の通りです。

・主人公一家には最初から父親は亡くなっていていませんが、導入の逃避行シーンで、まず弟が戦死。一攫千金を狙った地下迷宮探索で、妹が死亡。母親はサイコ魔導士に言い寄られていたかと思うと、バラバラにされて他人と縫い合わされてゾンビとして死にます。
・主人公たちを地下迷宮に閉じ込めたドワーフのバートランド。持ち帰った「呪いの彫像」によって狂気に駆られ、屋敷内で従者たちを化け物に変質させる実験。逃げようとしていた下使いもその悪魔によって殺される。もちろん化け物と化した人たち全員、主人公一行が殲滅。
・クナリ族の魔導士を無事に送り届けるクエスト。引き渡しを求める一派を殲滅させるも、クエスト完了時にその魔導士は自殺。
・子爵の息子を助けるも、その息子は次のイベント冒頭ですでに殺されて死体としてくずおれるシーン。父親の子爵もクナリ族の急襲により、頭と胴体を隔てられて、転がされることに。
・そのクナリ族の一派の長アリショクを主人公ホークが決闘で殺す。
・仲間であるエルフ族のメリル。エルフ族の首長がメリルを助けるためにその身に悪魔を宿し、仕方なくメリルがその首長の命を絶つ。その状況後のエルフ族たちの会話の選択肢次第で、エルフのキャンプ地にいる全員と敵対して皆殺しを余儀なくされる。(ここはさすがに何度もやり直して、敵対しない選択をしました)
・ハイタウン、ロウタウン、港などに出没する盗賊団。すべて壊滅というか皆殺し。ま、これはそういうものかな。
・ボーン坑道。何度となくクエストで訪れる場所ですが、最終的にハイドラゴンが現れて坑夫全滅。
・仲間の魔導士アンダース。「教会」を中の人たち丸ごと魔法爆弾で消し去るというテロ行為。なお、彼はホモである。
・物語の終盤。サークル魔導士とテンプル騎士団の争いはどちらの味方をしても、筆頭魔導士はブラッドマジックで化け物と化して倒すことになるし、騎士団長は「呪いの彫像」を加工した剣により狂気に取りつかれておりこちらも倒すことになる。
・エピローグ。ロマンス関係になったメリル以外、仲間は全員、主人公の元を離れる。この町での紛争を発端にして、世界中のテンプル騎士と魔導士の間で戦争が勃発。そのため主人公は「教会」から追われることに。主人公は姿を消す。


なんとか平和的に解決できないか、倫理的に正しい決断はできないかと、ひどく悩んで選択肢を選んでいるのに、結局のところ大参事に。エンディングもなんだか寂しい末路に。
プレイヤーの操作によって結果的に導かれるその世界での「救い」。それをこのゲームに求めようとしたこちらが悪いのかもしれません。どのゲームのストーリーも「ヒロイックなハッピーエンド」というわけではいかないのかも。
「ドラゴンエイジ2」は、「こういう難しい運命もありますよ」と教えているのかもしれない。

表現物として、・・どうなのだろう??

大震災があったのちに、なにかを創作する表現者たちは、「このショッキングな出来事を自分の創作物に織り込みたい」と考え、実際にそうした人は少なくないと思います。映画の「シンゴジラ」も「君の名は。」も、大災害である「東日本大震災」で失われた多くの命を想起させているように感じられます。

同じように「ドラゴンエイジ2」の脚本には、2001年に起きた「911アメリカ同時多発テロ事件」の影響があるのではないかと、邪推してみたりしています。爆破される建物「教会」もそのシルエットはツインタワーのようでありますし。
どこまで行っても分かり合えず、相いれないもの同士が1つの限られた地域に留まり拘ることで迎える悲壮な末路。その運命に果敢に立ち向かう主人公「英雄」は、結局のところ世界に火種をまき散らしただけだった。その「英雄」は正しい行いを示したのか、それともそうでないのか。破壊行為を行った仲間をどう処断するのかといった点も含め、ゲーム内で判断できるのはプレイヤーだけ。
「ドラゴンエイジ2」のシナリオを担当した開発者のかたは、争い絶えない現実を「どうとらえていくの?」とプレイヤーに問うているのではないか??
ゲームを終えて、なんか胸の奥に「もやもや」っとしたものが残ったら、それは開発者側の狙い通りなのかもしれません。
「ドラゴンエイジ2」とは、そのようなゲームだったに違いない、そんな妄想をして楽しむのもありかなと。

ネット上では「くそげー」呼ばわりしている評価も見受けられますが、結局は楽しんだもの勝ちだと思いますし、勝手に内容に込められた「メッセージ」を妄想してもバチは当たらないでしょう。

なんだか、誉めているのか貶しているのか分かりませんねw。
あ、あと、日本語吹き替え声優さんたちはいいですよ。そこGJです。
とにかく、
ごちそうさまでした。
ありがとうございました。

これにて「ドラゴンエイジ2」のクリア後感想、終了です。

そんな感じで。
ではー。

アプリの収益2016年10月分を公開

どもー。

わたくし、「かにたま大王」はAndroidのゲームアプリを開発してリリースしております。
といっても、昨年12月以降は全然リリースしておりませんが・・・。
一応広告の収益があります。

では、2016年10月の収益を公開いたしましょう。
広告は「AdMob」オンリーです。


妖怪退治シノビちゃんアイコン
妖怪退治シノビちゃん
8bit風のシンプルアクションゲーム第2弾!!
収益額:¥3

あやかし捕物帳アイコン
あやかし捕物帳 妖怪ほうっち
ドット絵「妖怪」を集める放置ゲーム!!
収益額:¥31

妖怪退治ミコちゃんアイコン
妖怪退治ミコちゃん
懐かしいファミコン風のシンプルアクションゲーム!!
収益額:¥61

ど忘れ勇者アイコン
ど忘れ勇者 (脳トレことばパズル)
ど忘れした勇者の代わりに「ことば」を作れ!!ことばパズル!!
収益額:¥10

カエルパックンアイコン
カエルパックン
カエルになってトンボをパックン!!感じろ、自然界の弱肉強食!!
収益額:¥69

フードアタックフォースアイコン
フードアタックフォース
怪獣に食べ物を発射して食わせて倒そう!!
収益額:¥36

ぽいっとナイトアイコン
ぽいっとナイト
騎士をスワイプしてモンスターを斬れ!!
収益額:¥0

大砲ドカンアイコン
大砲ドカン!
大砲をドカドカ撃ってブロックを吹っ飛ばせ!!
収益額:¥31

解体発破アイコン
解体発破
ドット絵建物を発破で解体しよう!!
収益額:¥6

シールドクエストアイコン
シールドクエスト
ドラクエ風ブロック崩しなのな!!
収益額:¥0

「Blasting Art」(「解体発破」の海外版)
収益額:¥11

「FireTheCannon!」(「大砲ドカン!」の海外版)
収益額:¥0

「カロリーチョイス」(現在、公開停止中)
収益額:¥0

「MoonRabbits」(現在、公開停止中)
収益額:¥0

で、結果、
2016年10月の収益額は
「¥257」
でしたっ!!
自販機で缶コーヒー2本は無理っかも!!ってレベルになりまんした!!
ありがとうございました。

前述したとおり、上述のアプリたちにはAdMobを利用しています。
ところが・・・。
「SDK バージョン 6.4.1 以前で動作しているアプリをお持ちの AdMob パブリッシャーの皆様に、SDK バージョンのサポート終了」のお知らせが来ちゃってて、
んで、「サポートの終了日を 2016 年 10 月 17 日」ってことだったので、Eclipseの方で修正して対応しようとしたら、今度はAndEngineの方が通らなくなっちゃって・・・。
そのまま放置状態になっています。困ったものです。
ゲーム開発を新しい環境にごっそり移行して、再構成するしかないって状況なのかなぁ。
さて、どうすべきか??
と、悩みつつ、今日も「ドラゴンエイジ2」を遊ぶためにPS3コントローラを握るのでした。

では、この辺で~。

最近遊んだPS3「ドラゴンエイジ:オリジンズ」のハナシ

どもー。
どもども、かにたま大王です。
いやぁ、こっちのブログは全然更新できていませんですね。
月に一度の収益報告だけになってます。
ま、その収益もからっきしなわけですけど。
たまには他のことも文章にしてみたいと思いまして、最近クリアしたゲームなんかのことを書きます。

PS4「FARCRY PRIMAL」を遊んで以来、「オープンワールドRPGを遊びたい!!」ってな気分になって、そんでPS4「ドラゴンエイジ:インクイジション」をプレイしたら、これも面白かった。
んでも、「ドラゴンエイジ」ってば「シリーズ物」で、ゲーム中の舞台や歴史も一貫しているらしい。
ちなみに「ドラゴンエイジ:オリジンズ」→「ドラゴンエイジ2」→「ドラゴンエイジ:インクイジション」の順番で、「インクイジション」は最新作だったのですな。
ま、実際のゲーム中はプレイヤーの選択で展開が変わっていくので、「一貫」というと語弊があるかもしれませんが。
とにかく、世界が同じで年代もそんな隔たりがないので、お馴染みの登場人物がいたりするのです。

私はそれを「インクイジション」をプレイ後に知って、「ならば前作も遊びたい」!是非に!!となったわけです。
それでPS3「ドラゴンエイジ:オリジンズ」を遊びました。
「インクイジション」と「オリジンズ」を比べると、「戦闘」はタクティカルとアクションの中間のようなシステムで、よく似ています。そのほかの点では、「オリジンズ」の方がより「洋ゲーRPGらしい」といいますか、「テーブルトークRPGをテレビゲームにしました」的な印象でした。
「剣と魔法の世界におけるリアル」みたいなのを追及している趣があって、イベント中の選択肢も多く、プレイヤーとして大きな決断を迫られる場面も多々あります。
そういうの好きです。プレイヤーキャラとして、地に足をつけてその世界に生きているなぁって感じが良いです。
それこそが「ロールプレイング」ゲームなのですよ。
つっても、そのあたりについては好き嫌いが分かれるのかもしれません。

でも、欠点もあります。
アイテムがガンガン取得できる割に持ちきれない。バックパックを拡張しても制限があって、あまり多くのアイテムを持ち歩けません。ダンジョンの途中で何度もアイテムを処分しに町なりキャンプなりに戻らなければなりませんでした。現実的と言えばそうなんでしょうけど、それにしてもって感じ。
しかも、ロードが長い。エリアが変わるごとにロードに入るのは仕方ないこととはいえ、結構頻繁にあるよ。ロード直後にいきなり戦闘が開始してしまうこともあるので、テレビのチャンネルを変えて時間をつぶしている場合じゃないし。
ボス出現とか、重大な決断が発生する前に、気を利かせて「オートセーブ」してくれるんだけど、それも結構長く硬直します。なので、「オートセーブ」が入ったら、その先にイベント発生するのがバレバレですw。
ま、欠点はしょうがないかなと思うところでもあります。
ゲームが面白ければ、多少の欠点なんて、些末なことですよね。

どうしても言及しておきたいことがあって・・・。
この「ドラゴンエイジ」、先にも書いた通り「シリーズ物」でして、私はこれを「インクイジション」を遊んだ後に「オリジンズ」を今回プレイしたわけです。これはいうなれば、「1」→「2」→「3」と並んでいるものを「3」→「1」と遊んだことになるわけ。
感覚としては、過去にタイムスリップした感じで、それはそれで楽しめました。
「インクイジション」では美人ながらも冷徹さを見せてロマンスのそぶりもなかった「レリアナ」さんと「オリジンズ」の方では恋愛関係になれる!!とか。
最新作では主要メンバーになっているカレンがテンプル騎士団の若造だったり、ヴァリックが闘技場の観衆のひとりだったりして、そういう馴染みのキャラを見つけるたびに「お前らまだまだ若いな!!この後もっと大変なことに巻き込まれるとも知らずに!!ふふふ!!」みたいな。
・・・。
ま、そうは言っても、「シリーズ物」は順番通りに遊ぶのが一番だとは思いますけどね!!(←どっちだよ!!)
でも、「シリーズ物」を全部遊んでいたらキリがありません!!時間が足りません!!(←だから、どっちなんだよ!!)

さて、次はどのゲームで遊ぼうかな。
やっぱ「ドラゴンエイジ2」かな。
とにかくどんどん遊びたい気分。
では、またこちらのブログでお会いしましょう。

そんな感じで。
ではー。

アプリの収益2016年9月分を公開

どもー。

わたくし、「かにたま大王」はAndroidのゲームアプリを開発してリリースしております。
といっても、昨年12月以降は全然リリースしておりませんが・・・。
一応広告の収益があります。

では、2016年9月の収益を公開いたしましょう。
広告は「AdMob」オンリーです。


妖怪退治シノビちゃんアイコン
妖怪退治シノビちゃん
8bit風のシンプルアクションゲーム第2弾!!
収益額:¥44

あやかし捕物帳アイコン
あやかし捕物帳 妖怪ほうっち
ドット絵「妖怪」を集める放置ゲーム!!
収益額:¥29

妖怪退治ミコちゃんアイコン
妖怪退治ミコちゃん
懐かしいファミコン風のシンプルアクションゲーム!!
収益額:¥140

ど忘れ勇者アイコン
ど忘れ勇者 (脳トレことばパズル)
ど忘れした勇者の代わりに「ことば」を作れ!!ことばパズル!!
収益額:¥63

カエルパックンアイコン
カエルパックン
カエルになってトンボをパックン!!感じろ、自然界の弱肉強食!!
収益額:¥84

フードアタックフォースアイコン
フードアタックフォース
怪獣に食べ物を発射して食わせて倒そう!!
収益額:¥25

ぽいっとナイトアイコン
ぽいっとナイト
騎士をスワイプしてモンスターを斬れ!!
収益額:¥0

大砲ドカンアイコン
大砲ドカン!
大砲をドカドカ撃ってブロックを吹っ飛ばせ!!
収益額:¥29

解体発破アイコン
解体発破
ドット絵建物を発破で解体しよう!!
収益額:¥12

シールドクエストアイコン
シールドクエスト
ドラクエ風ブロック崩しなのな!!
収益額:¥0

「Blasting Art」(「解体発破」の海外版)
収益額:¥8

「FireTheCannon!」(「大砲ドカン!」の海外版)
収益額:¥0

「カロリーチョイス」(現在、公開停止中)
収益額:¥0

「MoonRabbits」(現在、公開停止中)
収益額:¥0

で、結果、
2016年9月の収益額は
「¥434」
でしたっ!!
ありがとうございました。

いやぁ、ここのブログってば月に一度だけ、寂しい収益報告しかアップしていないですね。
せめて、ブログくらいはもっと頻度を上げて更新していきたいです。
仕事中にネタを思いついているんですが、帰るころには忘れているんですよね。
きっと、大したことない内容なのでしょうw。
ま、そんなこと気にせずバンバンやっていきたいです。たぶん。

では、この辺で~。

祝!妖怪ドット絵300体完成!!

どもー。
もはや趣味のように描いております、「妖怪ドット絵」。
そもそも拙作のAndroidアプリ「あやかし捕物帳」のために描きだしたこのシリーズ。
アプリ完成後もちまちまと描き続けておりました。
そしてこのたび、ついに総計「300体」に達しました。
さすがにもう無理。
これ以上、新たな妖怪を探してドット絵化するのは難しすぎます。
なので、完結ということにしようかなと。
で、あらためてこれまでのドット絵を妖怪の名称とともに紹介します。

まず、最初の妖怪100体。基本は24×24ドットです。
妖怪ドット絵1

名称はこちら、
死人つき(死人返り)、一つ目小僧、化け提灯、のっぺらぼう、河童、旧鼠、白坊主、お歯黒べったり、雨降り小僧、むじな、
骨女、豆腐小僧、狂骨、五体面、猫又、小袖の手、けじょうろう、天井なめ、髪鬼(かみおに)、かみきり、
赤しゃぐま、うわん、豆狸、蛇骨婆、邪魅(じゃみ)、くねゆすり、袖引き小僧、火車、せんぽくかんぽく、天邪鬼、
甕長(かめおさ)、泥田坊、袋狢(ふくろむじな)、姑獲鳥(うぶめ)、蓑草鞋(みのわらじ)、二口女、垢なめ、さがり、黒坊主、腹だし、
ぞうり化け、手の目、ひょうとく、ぬっぺっほう、後ろ神、二人坊主(ににんぼうず)、朱の盆、がんぎ小僧、鎌鼬(かまいたち)
、くびれ鬼、
セコ、油すまし、ひだる神、野寺坊、子泣き爺、やんぼし、山彦(やまびこ)、岩魚坊主、カラス天狗、山姥(やまんば)、
百々爺(ももんじい)、狒々(ひひ)、小豆洗い、かわうそ、ミンツチ、雪女、ひょうすべ、砂かけ婆、そんつる、小玉鼠、
船幽霊、磯女、さざえ鬼、けらけら女、海座頭、あまびえ、あみきり、川赤子、川太郎、しゅもく娘、
くらげ火、浪小僧、濡れ女、人魚、みかり婆、団三郎狸、海和尚、あかまた、から傘おばけ、倉ぼっこ、
白うねり、貧乏神、鼠鬼女、五徳猫、いそがし、瓢箪小僧、雨女、元興寺(ぐわごぜ)、朧車(おぼろぐるま)、尻目、


次にアプリ作成後に描いた100体。これで、200体ね。
妖怪ドット絵2

名称はこちら、
川猿(かわざる)、方耳豚(カタキラウ)、雪ん子(ゆきんこ)、あぜはしり、風狸(ふうり)、板鬼、崖童(たきわろう)、狐火、臼負い婆、おまく
穀の精、御器被(ごきかぶり)、貝吹き坊、一反木綿、否哉(いやみ・いやや)、影女、さとり、土転び、逆柱、狐者異(こわい)
目々連、針女(はりおなご)、枕返し、ぺとぺとさん、うわばみ、おぶさりてぃ、ヤカンヅル、かぶきり小僧、木霊(こだま)2、座敷童、
小雨坊、納戸ばばあ、おさん狐(おさんぎつね)、舌長姥(したながうば)、大蜘蛛、辻神、かいなで、蝦蟇仙人、雷獣、えぎり鳥、
首かじり、青鷺火(あおさぎび)、灰坊主(あくぼうず)、後追い小僧、油坊、あまめはぎ、いが坊、磯天狗、一目入道、煙々羅(えんえんら)、
一目連、白粉婆(おしろいばばあ)、一文字狸、久五郎狸(きゅうごろうたぬき)、牛打ち坊、胴面(腹だしと同じかもしれない)、管狐、姥ヶ火、おとら狐、餓鬼、
鍛冶嬶(かじがばば)、火前坊、かぶそ、加牟波理入道、キジムナー、九千坊、件(くだん)、毛羽毛現(けうけげん)、古庫裏婆、皿数え、
青女房、赤頭、死神、芝天、邪魅、八咫烏(やたがらす)、火取り魔、目競(めくらべ)、河女(かわおなご)、鈴彦姫、
長面妖女、七尋女房(ななひろにょうぼう)、馬鬼(うまおに)、経立(ふったち)、七歩蛇(しちふじゃ)、影鰐(かげわに)、けさらんぱさらん、赤殿中、虎隠良(こいんりょう)、槍毛長(やりけちょう)、
禅釜尚(ぜんふしょう)、払子守(ほっすもり)、鐙口(あぶみぐち)、鞍野郎(くらやろう)、沓頬(くつつら)、古空穂(ふるうつぼ)、幣六(へいろく)、無垢行騰(むくむかばき)、野守(のもり)、実盛虫(さねもりむし)、


そして、最初のものの端数と新たに追加してあわせた100体。ここまでで300体となります。
妖怪ドット絵3

名称はこちら、
犬神、猿神、襟立衣、暮露暮露団(ぼろぼろとん)、乳鉢坊(にゅうばちぼう)、木魚達磨、三味長老(しゃみちょうろう)、角盥漱(つのはんぞう)、猪口暮露(ちょくぼろん)、琵琶牧々(びわぼくぼく)、
面霊気(めんれいき)、鳴釜、すねこすり、ぬらりひょん、雲外鏡、青坊主、はんざき、見越し入道、古杣(ふるそま)、野槌、
つるべ落とし、沼御前、おとろし、天狗、一本だたら、蝶化身、橋姫、みづち、蟹坊主、海難法師、
悪樓(あくる)、海坊主、てながあしなが、牛鬼、九尾の狐、カンチキ、貝稚児、恙虫(つつがむし)、長冠(おさこうぶり)、如意自在、
波山(ばさん)、鉦五郎、足まがり、琴古主(ことふるぬし)、蛇帯(じゃたい)、機尋(はたひろ)、ちいちい袴(チイチイバカマ)、手負蛇、油赤子、獏(ばく)、
カシャンボ、猿猴(えんこう)、震々(ぶるぶる)、きゅうもう狸、鬼熊、高女、塗仏(ぬりぼとけ)、方相、のびあがり、大首、
赤舌、隠神刑部狸(いぬがみぎょうぶたぬき)、以津真天、鬼一口、陰摩羅鬼、がしゃどくろ、金長狸、経凛々、芝右衛門狸、三目八面(さんめやづら)、
山本五郎左衛門(さんもと ごろうざえもん)、文車妖妃(ふぐるまようび)、土蜘蛛、鵺(ぬえ)、女郎蜘蛛、手洗い鬼、寝太り、百々目鬼、六衛門狸、鉄鼠、塗り壁、片輪車(かたわぐるま)、夜行さん、白沢(はくたく)、紅葉鬼女、瀬戸大将、ろくろ首、家鳴(やなり)、火鳥(ひどり)、人面樹、
夜道怪、塵塚怪王(ちりづかかいおう)、猪笹王、松明丸、古椿、わいら、悪鬼(あっき)、だいだらぼっち、温羅(うら)、酒呑童子(しゅてんどうじ)

いやぁ大変だった。
長かった。

あ、さて、
最後の絵はサイズが24×24ドットと32×32ドットのものが混在しています。
ある程度大きさがないと表現できない妖怪なのとデカキャラも欲しかったのでサイズ違いを作りました。

水木しげる先生の「たんたん坊」「百目」や、斎藤守弘氏による創作の可能性が高い「畑怨霊」「樹木子」は避けておきながら、同じく氏の創作である「がしゃどくろ」はドット絵化しているという統一感のなさw。あ、「針女(はりおなご)」も水木先生ですね。
「呼び名が違うけど実は同じ妖怪」だとか、「ぼんやりとした形状ではっきりとした姿がいまいちよくわからない」という妖怪も多いです。不定形なものを絵にするっていうのは難しいですね。

妖怪ドット絵の作成は、ドット絵の練習も兼ねていました。
これでかなりの数のドット絵を描いてきたので、少しは上達したのかな。上達したと思いたいですね。
描いた時期が新旧混同しているものがあるので、順にみていっても判断はつきかねますが、確実に体感できたのは、「描く速度が速くなった!!」ということです。色付けするときの影の入れ方とか、ポーズの取り方とか、自分なりのルールが確立してきたのかもしれません。
「妖怪キャラのポーズ」についてはずいぶん以前のブログでも書きました。RPGの敵キャラとしても使えるイラストを意識しつつ、プラモデルのロボットの「かっこいいポーズ」を頭の中に描いて輪郭をとっています。月刊誌「ホビージャパン」とか参考になりますね。

せっかくここまでドット絵をかきためたのだから、これをリソースにしてなにかゲームを作りたいものです。
とか書きながらどうなるかわかりませんけどw。
絵を見直していると描きなおしたくなってくるので、「妖怪ドット絵」についてはここまでで切り上げます。
また、他のドット絵がたまったらご紹介しますね。
ではー。
プロフィール

かにたま大王

Author:かにたま大王
かにたま大王のブログへようこそ!!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード