ゲームアワード2009かにたま大王バージョン

どもー。
毎年この時期には恒例なのでやっときますかね。
超個人的に遊んだゲームの中からベストを選ぶ。
かにたま大王の、かにたま大王による、かにたま大王のための、

「ベストゲーム大賞2009@かにたま大王バージョン」

ドンドンドン、パフッパフッ♪
まずは、
昨年12月下旬から、現在までのワタクシが遊んだゲームをグループ分けします。

▼「とりあえず遊びました」のグループ
XBLA「Dash of Destruction」
Xbox360「Fight Night Round 3」
DS「スローンとマクヘールの 謎の物語」
Xbox360「PERTER JACKSON'S キング・コング」
Xbox360「CHAOS;HEAD NOAH」
PS3「ガンダム戦記」
PS2「機動戦士ガンダム Ver1.5」

▼「とても楽しめました!」のグループ
DS「逆転検事」
PS2「龍が如く2」
Xbox360「CLANNAD」
Xbox360「デススマイルズ」
Xbox360「怒首領蜂 大往生 ブラックレーベル EXTRA」
Xbox360「首都高バトルX」
Xbox360「シューティングラブ。200X」
Xbox360「無双OROCHI 魔王再臨」

▼「秀逸にてオススメ!!」のグループ
DS「メイドイン俺」
DS「いろづきチンクルの恋のバルーントリップ」
DS「ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人」
DS「レイトン教授と魔神の笛」
PS2「龍が如く」
PS3「龍が如く 見参!!」


「秀逸にてオススメ!!」の中からベスト5を発表します。
つっても「5位」が2つあるから6タイトルになっています。
ではどうぞ。


5位 DS「レイトン教授と魔神の笛」
「ナゾ」解きクイズアドベンチャー、シリーズ第4弾。
お話的には前作の「時間旅行」の方が良かったかな。
問題が易しく感じたのは、ワタシの進化か、それとも・・・。
「ナゾ」が解き易いとテンポ良くお話を堪能できて良いですね。
これまでの不満点を解消して、「手の届かないところは痒くしない」というところ。
全体的に手堅くまとめられたフォーマット。
完成した感があるので、もしかしたら次は変化球?とか、そんな予想をしながら
なんにせよ、やっぱり次も買っちゃうと思います。



5位 DS「いろづきチンクルの恋のバルーントリップ」
「キモメンオヤジのチンクル」とヘンテコな仲間達の「オズの魔法使い」アドベンチャー。
謎解きが理にかなっているので「なるほどなっ」と手を打つ場面が多かったです。
独特の表現の中にウィットが効いていて、個人的に「大ハマリ・大ウケ」でした。
とぼけた奴らが多いですが、そんなキャラたちが見せる「自己犠牲」の破壊力は侮れません。
チンクルが元の世界に戻ったときにヒロイン達が見せる姿の「せつなさ」は・・・。



4位 PS3「龍が如く 見参!!」
剣豪武蔵のGTA・・・か??
「龍が如く」の主人公、桐生さんが今度は「武蔵」として侍の世界に?
宮本武蔵のお話を知っているならば、よく知っているあの登場人物たちを「龍が如く」シリーズのキャラと絡めたりしてメインストーリーは進みながら、庶民の依頼をこなしたり、ミニゲームで遊んだりいろいろできる自由さ。
この「江戸時代の遊び人」風の生活には憧れるね。
で、ひとたび刀を持たせればその名もとどろく「剣豪」とくれば、テンション上がるよね。
ああ、続編でないかなぁ。今度は幕末あたりを舞台にしてお願いしたい。



3位 DS「ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人」
説明するまでもない新作「ドラクエ」。
以前のシリーズとはずいぶん様変わりした雰囲気ですけど、遊んでみると確かに「ドラクエ」。
メインのストーリーは特別に書くほどでもなく、「主人公の必要性はあったの?」と首を傾げる。
主人公達を育てていく「RPG」としてのゲームシステムは手堅い。
特筆すべきは「配信クエスト」と「すれ違い通信」、そして「宝の地図」。
いろいろと遊べるようにしてあるギミックには感服。
また、「すれ違い通信」をここまで効果的に盛り込んだのは素晴らしい。
ちょっと出かけるときに「DSをポケットに忍ばせておこうかな」と頭をよぎったら、すでにどっぷり浸かっている証拠です。
メインシナリオがビミョーなこともあいまって、クリアしてからが「本気で遊べるモード」突入という、「それってどうなの?」感はなくもないですが。
でも、「楽しいからいいや」でw。



2位 PS2「龍が如く」
893のGTA。
今、俺に足りないのは「任侠」だっ。なんつってねw。
「Vシネ」か「ヤクザ映画」に迷い込んだ俺。みたいな。
男としてはこういう設定憧れるよね、というポイントにビシバシ来るので、そゆのお好きな方にオススメ。
からんできたチンピラを逆にシバキ倒す、その快感がなんとも言えませんw。
んで、「神室町」の雑然とした空気感がいいんだ。
ゴミゴミした人間模様の織り成す悲喜こもごも。
そこにちょっと手助けしたり、いやおうなく巻き込まれたり。
そうやって「神室町」の住人になっていくんですね。
社会には表もあれば裏もある。
決して奇麗事だけでは片付かない諸般の問題をこのゲームは何がしか示しているのかもしれません。



1位 DS「メイドイン俺」
お馴染み「メイドインワリオ」シリーズの最新作。
メインは、タッチ動作による簡単なミニゲームの連続なのですが、次にどんなゲームが出てくるか分からず、瞬時に判断して対応しなければならなかったり、その点がドキドキです。同じゲームをやりこんだりもできます。
そしてなんといっても、今作では「ゲームを作る!」という機能がウリなんですな。あと、「4コマ漫画」や「音楽」も作れます。
「ゲームを作り、組み立てること自体がゲームである」とはワタシも以前より思うところでありまして、このゲームは正にそれを具現化したもの。インターフェースや条件によるタイミング発生イベント、それらを管理する方法など「素人ゲーム作り人」としては学ぶところは大きかったです。
自分でいくつか「俺ゲー」を作りました。次のコンテストはさてどうでしょうねw。



というわけで「ゲームアワード2009かにたま大王バージョン」の
ベスト1に輝いたのはDS「メイドイン俺」でした。

現在遊んでいる
Xbox360「LEFT 4 DEAD」
Xbox360「Colin McRae: DiRT 2」
なんかもすごくいいです!!
面白いです!!
でも、まだクリアしてないから選外としました。
「ゲームアワード2009」のときにすっかり忘れてしまっていた
XBLA「DOOM」
なんですが、そのときに覚えていたら「ベスト1」でした。たはは。
1位タイトルを忘れているってどんだけ~。

皆さんは「いいゲーム」にめぐり合いましたか?
来年も輝くような出会いがあるといいですね。
ではー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かにたま大王

Author:かにたま大王
かにたま大王のブログへようこそ!!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード