一人暮らしは「パンツいっちょ」

一人暮らしをしていて、部屋が暑いとですね、
どうしても「パンツいっちょ」ということになるじゃあないですか。
さすがに最近は涼しいのでそんなスタイルで部屋をウロウロすることは減りましたが。

いやぁ、今夏はほとんど「パンツいっちょ」で過ごした気分ですね。
もちろんアパートの部屋の中だけの話ですよ。
実家にいるときは、Tシャツと短パンぐらいは履いていたもんです。
家族といえども見苦しさを享受してもらうには忍びないのでね。

「一人住まい」だからこその「パンツいっちょ」スタイルです。
「ほぼ裸族」で、解放された気分になれます。
Tシャツとか着ちゃうと洗濯せねばならんからということで、一種の横着ではあります。

「パンツいっちょ」での欠点は、やはり「料理」っすかね。
「パンツいっちょ」で料理を作り始める。
フライパンで野菜や肉や、炒める。
アブラが跳ねる。
皮膚に飛び散る。

アチッ!!

アチッ!!アチッ!!

アチッ!!って!!

「パンツいっちょ」だと肌の露出した面積が大きいから、高熱のアブラやら湯が跳ね飛んできて熱い熱い。
料理するときって、「服」は大事なんだなぁと実感しました。

あと、カップ麺を食べるときなんかも。
「パンツいっちょ」だと、すすった麺が高温のスープを跳ね散らかすので、それが肌に着弾して熱い。
しかたがないから、すごく前かがみな姿勢で、できるだけカップを体から離して麺をすする。
汁が体に散ってこないようにね。
キリンが立ったまま首を伸ばして地面のエサを食べるような感覚で。
ま、当方、手足が短いので「キリン」の例えには無理があるとは思うのですがw。

「パンツいっちょ」も楽ばかりじゃないよね。

ってか、暑いから「パンツいっちょ」なのに、「あつあつのカップ麺」を食べているというムジュン。
Tシャツ着ればいいよね。
それか、毛深くなるしかないね。

よ~し、来年の夏に向けて、
毛深くなるぉぞ~!!


でも、どうやって??
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かにたま大王

Author:かにたま大王
かにたま大王のブログへようこそ!!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード