スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古紙回収の重さ

会社の近くの「ハピッシュ」というスーパー。
駐車場の片隅で、古紙回収の業務を始めた。
無人古紙回収
基本的には無人で、
古紙を持っていったヒトがポイントカードをリーダー機器に差し込み、
隣接されたダンプの荷台のような回収ボックスに束ねた古紙を投入。
1キロで1ポイント加算されてポイントカードに蓄積される。
500ポイント貯まると、500円分の商品券代わりとなり「ハピッシュ」で買い物ができる。
そんなシステム。

一人暮らしをしていると、貯まった雑誌や古新聞を捨てる機会がないんですよね。
アパート専用のゴミ集積所には「資源ゴミの日」とか記されていないし、平日はもちろん、休みの日に部屋にずっといるわけではないから古紙回収業者の声を聞くこともすごく稀。
スーパーに古紙回収場所が併設されていたら、こちらのタイミングで買い物ついでに持っていけるので非常に便利。

さっそく実家に貯まっていた古新聞と、古本屋さんに買い取ってもらえなかった漫画類を持って行ってみた。
予め体重計で総量を量っておいたところ、10キログラム。
無人の古紙回収装置に放り込んでみると計測器に「10キロ」の表示。うん、ぴったり。
1キロで1ポイントだから、10ポイント加算。
わーい!!
ええっと、10ポイントだから・・・、

10円ぶん!!!

きびしっ!!
下手するとガソリン代のほうが高くつくこともあるのじゃないだろうか。
でもね、紙も資源だからね。
再利用できると思えばこそ、大事に扱うって面もあるし。

「捨てる紙あれば、拾う紙あり」です。
(今回、これが書きたかっただけという話もありますw)

再生した方が実はエネルギーが余計に必要となってしまうだとかそういう論争は、ここではちょっと横に置いて・・・。
再利用できる資源を大事に扱えば、
きっと、10円も大事に使うでしょう。
大切なのは10円の重さを知ることなのかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かにたま大王

Author:かにたま大王
かにたま大王のブログへようこそ!!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。