スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近くで子供神輿

今日一日、特に用事がないとはいえ、ずいぶんとグウタラと過ごしてしまいました。
DS「DQ9」とPS3「ガンダム戦記」を交互に遊んでました。

アパート町内のお祭りだったらしく、朝から太鼓の音が聞こえていました。
近くの小さな公園が子供神輿の発着場所だったらしい。

寝転がって「はぐれメタル狩り」をしていたら、太鼓の音が近づいてくる。
窓からのぞいていると、子供神輿の行列が部屋のすぐ近くの道路を通り過ぎていきました。
保護者の方たちが前後脇にと付き添っていました。

先頭にはサムライ袴に帯刀の子供が二人。
続いて台車に乗せられたお神輿。大人数で引っ張っています。
次に、獅子舞。数人の子供で形成しているようでした。
それから太鼓の乗った台車。
女性の歌う「なんたら音頭」のようなものをラジカセの大音量でかけながして、それにあわせて「ドンドコドン♪カッカカッ♪」と台車に乗った子供さんが二人で太鼓を打ち鳴らしていました。

それが、しばらくするともう一度同じ方向からやってきて通り過ぎていきました。
グルグルと何周かしていたのかな?
最初のときよりも子供の数が増えていたような気がするのは気のせいかな。
もっともっと、グルグルグルグルと周回すればものすごい数の子供たちが黒山のヒトだかりになっていったりして。
なわけないですかw。

お神輿行列の構成って地域ごとに変わっていて興味深いですね。
ワタシの地元では、子供神輿には「子供の巫女さん」が二人付き添っていたりするのですが、ここではサムライ姿でしたし。
お神輿や太鼓の台車は同じでしたが、「獅子舞」も参加しているのは初めて見ました。
神社の系統の違いというよりも、町内会によって異なる出し物、といったところでしょうか。


2回目の子供神輿を見たあとくらいに、近くの公園で神輿行事を解散したらしい。
ハッピ姿の子供たちがちりじりに同じ道を引き返していった。

少しして大声が響き渡った。
男の子がふたり、別れを惜しんでいるかのようだった。


Aくん「じゃあな、あしたな~!」

Bくん「また、あしたな~!」

Aくん「あしたな~!」

Bくん「あしたな~!」

Aくん「あしたな~!」

Bくん「あしたな~!」

Aくん「あしたな~!」

Bくん「あしたな~!」

Aくん「あしたな~!」

Bくん「あしたな~!」

・・・。

大声で繰り返す。
いつまでやってんだい?
さすがにどうかと思って、窓から声のする方をのぞこうとしたら、大声の掛け合いはおさまった。
子供って、つまらんことをエンドレスでやって楽しんでることってありますよね。
自分も小学生のころ、学校の下校時に友達との別れ際に「バイバイー!」と大声で何度も交互に言い合ったものです。
思えばご近所迷惑だったかな。
でもあれは、友達とのしばしの別れを惜しんでのことだったような気もします。
「あしたな~!」を交互に叫んだあの二人、
友達と別れるタイミングがはかりづらかったということは、お神輿行事は大成功で楽しかったのかもしれませんね。
では。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かにたま大王

Author:かにたま大王
かにたま大王のブログへようこそ!!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。