スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!妖怪ドット絵300体完成!!

どもー。
もはや趣味のように描いております、「妖怪ドット絵」。
そもそも拙作のAndroidアプリ「あやかし捕物帳」のために描きだしたこのシリーズ。
アプリ完成後もちまちまと描き続けておりました。
そしてこのたび、ついに総計「300体」に達しました。
さすがにもう無理。
これ以上、新たな妖怪を探してドット絵化するのは難しすぎます。
なので、完結ということにしようかなと。
で、あらためてこれまでのドット絵を妖怪の名称とともに紹介します。

まず、最初の妖怪100体。基本は24×24ドットです。
妖怪ドット絵1

名称はこちら、
死人つき(死人返り)、一つ目小僧、化け提灯、のっぺらぼう、河童、旧鼠、白坊主、お歯黒べったり、雨降り小僧、むじな、
骨女、豆腐小僧、狂骨、五体面、猫又、小袖の手、けじょうろう、天井なめ、髪鬼(かみおに)、かみきり、
赤しゃぐま、うわん、豆狸、蛇骨婆、邪魅(じゃみ)、くねゆすり、袖引き小僧、火車、せんぽくかんぽく、天邪鬼、
甕長(かめおさ)、泥田坊、袋狢(ふくろむじな)、姑獲鳥(うぶめ)、蓑草鞋(みのわらじ)、二口女、垢なめ、さがり、黒坊主、腹だし、
ぞうり化け、手の目、ひょうとく、ぬっぺっほう、後ろ神、二人坊主(ににんぼうず)、朱の盆、がんぎ小僧、鎌鼬(かまいたち)
、くびれ鬼、
セコ、油すまし、ひだる神、野寺坊、子泣き爺、やんぼし、山彦(やまびこ)、岩魚坊主、カラス天狗、山姥(やまんば)、
百々爺(ももんじい)、狒々(ひひ)、小豆洗い、かわうそ、ミンツチ、雪女、ひょうすべ、砂かけ婆、そんつる、小玉鼠、
船幽霊、磯女、さざえ鬼、けらけら女、海座頭、あまびえ、あみきり、川赤子、川太郎、しゅもく娘、
くらげ火、浪小僧、濡れ女、人魚、みかり婆、団三郎狸、海和尚、あかまた、から傘おばけ、倉ぼっこ、
白うねり、貧乏神、鼠鬼女、五徳猫、いそがし、瓢箪小僧、雨女、元興寺(ぐわごぜ)、朧車(おぼろぐるま)、尻目、


次にアプリ作成後に描いた100体。これで、200体ね。
妖怪ドット絵2

名称はこちら、
川猿(かわざる)、方耳豚(カタキラウ)、雪ん子(ゆきんこ)、あぜはしり、風狸(ふうり)、板鬼、崖童(たきわろう)、狐火、臼負い婆、おまく
穀の精、御器被(ごきかぶり)、貝吹き坊、一反木綿、否哉(いやみ・いやや)、影女、さとり、土転び、逆柱、狐者異(こわい)
目々連、針女(はりおなご)、枕返し、ぺとぺとさん、うわばみ、おぶさりてぃ、ヤカンヅル、かぶきり小僧、木霊(こだま)2、座敷童、
小雨坊、納戸ばばあ、おさん狐(おさんぎつね)、舌長姥(したながうば)、大蜘蛛、辻神、かいなで、蝦蟇仙人、雷獣、えぎり鳥、
首かじり、青鷺火(あおさぎび)、灰坊主(あくぼうず)、後追い小僧、油坊、あまめはぎ、いが坊、磯天狗、一目入道、煙々羅(えんえんら)、
一目連、白粉婆(おしろいばばあ)、一文字狸、久五郎狸(きゅうごろうたぬき)、牛打ち坊、胴面(腹だしと同じかもしれない)、管狐、姥ヶ火、おとら狐、餓鬼、
鍛冶嬶(かじがばば)、火前坊、かぶそ、加牟波理入道、キジムナー、九千坊、件(くだん)、毛羽毛現(けうけげん)、古庫裏婆、皿数え、
青女房、赤頭、死神、芝天、邪魅、八咫烏(やたがらす)、火取り魔、目競(めくらべ)、河女(かわおなご)、鈴彦姫、
長面妖女、七尋女房(ななひろにょうぼう)、馬鬼(うまおに)、経立(ふったち)、七歩蛇(しちふじゃ)、影鰐(かげわに)、けさらんぱさらん、赤殿中、虎隠良(こいんりょう)、槍毛長(やりけちょう)、
禅釜尚(ぜんふしょう)、払子守(ほっすもり)、鐙口(あぶみぐち)、鞍野郎(くらやろう)、沓頬(くつつら)、古空穂(ふるうつぼ)、幣六(へいろく)、無垢行騰(むくむかばき)、野守(のもり)、実盛虫(さねもりむし)、


そして、最初のものの端数と新たに追加してあわせた100体。ここまでで300体となります。
妖怪ドット絵3

名称はこちら、
犬神、猿神、襟立衣、暮露暮露団(ぼろぼろとん)、乳鉢坊(にゅうばちぼう)、木魚達磨、三味長老(しゃみちょうろう)、角盥漱(つのはんぞう)、猪口暮露(ちょくぼろん)、琵琶牧々(びわぼくぼく)、
面霊気(めんれいき)、鳴釜、すねこすり、ぬらりひょん、雲外鏡、青坊主、はんざき、見越し入道、古杣(ふるそま)、野槌、
つるべ落とし、沼御前、おとろし、天狗、一本だたら、蝶化身、橋姫、みづち、蟹坊主、海難法師、
悪樓(あくる)、海坊主、てながあしなが、牛鬼、九尾の狐、カンチキ、貝稚児、恙虫(つつがむし)、長冠(おさこうぶり)、如意自在、
波山(ばさん)、鉦五郎、足まがり、琴古主(ことふるぬし)、蛇帯(じゃたい)、機尋(はたひろ)、ちいちい袴(チイチイバカマ)、手負蛇、油赤子、獏(ばく)、
カシャンボ、猿猴(えんこう)、震々(ぶるぶる)、きゅうもう狸、鬼熊、高女、塗仏(ぬりぼとけ)、方相、のびあがり、大首、
赤舌、隠神刑部狸(いぬがみぎょうぶたぬき)、以津真天、鬼一口、陰摩羅鬼、がしゃどくろ、金長狸、経凛々、芝右衛門狸、三目八面(さんめやづら)、
山本五郎左衛門(さんもと ごろうざえもん)、文車妖妃(ふぐるまようび)、土蜘蛛、鵺(ぬえ)、女郎蜘蛛、手洗い鬼、寝太り、百々目鬼、六衛門狸、鉄鼠、塗り壁、片輪車(かたわぐるま)、夜行さん、白沢(はくたく)、紅葉鬼女、瀬戸大将、ろくろ首、家鳴(やなり)、火鳥(ひどり)、人面樹、
夜道怪、塵塚怪王(ちりづかかいおう)、猪笹王、松明丸、古椿、わいら、悪鬼(あっき)、だいだらぼっち、温羅(うら)、酒呑童子(しゅてんどうじ)

いやぁ大変だった。
長かった。

あ、さて、
最後の絵はサイズが24×24ドットと32×32ドットのものが混在しています。
ある程度大きさがないと表現できない妖怪なのとデカキャラも欲しかったのでサイズ違いを作りました。

水木しげる先生の「たんたん坊」「百目」や、斎藤守弘氏による創作の可能性が高い「畑怨霊」「樹木子」は避けておきながら、同じく氏の創作である「がしゃどくろ」はドット絵化しているという統一感のなさw。あ、「針女(はりおなご)」も水木先生ですね。
「呼び名が違うけど実は同じ妖怪」だとか、「ぼんやりとした形状ではっきりとした姿がいまいちよくわからない」という妖怪も多いです。不定形なものを絵にするっていうのは難しいですね。

妖怪ドット絵の作成は、ドット絵の練習も兼ねていました。
これでかなりの数のドット絵を描いてきたので、少しは上達したのかな。上達したと思いたいですね。
描いた時期が新旧混同しているものがあるので、順にみていっても判断はつきかねますが、確実に体感できたのは、「描く速度が速くなった!!」ということです。色付けするときの影の入れ方とか、ポーズの取り方とか、自分なりのルールが確立してきたのかもしれません。
「妖怪キャラのポーズ」についてはずいぶん以前のブログでも書きました。RPGの敵キャラとしても使えるイラストを意識しつつ、プラモデルのロボットの「かっこいいポーズ」を頭の中に描いて輪郭をとっています。月刊誌「ホビージャパン」とか参考になりますね。

せっかくここまでドット絵をかきためたのだから、これをリソースにしてなにかゲームを作りたいものです。
とか書きながらどうなるかわかりませんけどw。
絵を見直していると描きなおしたくなってくるので、「妖怪ドット絵」についてはここまでで切り上げます。
また、他のドット絵がたまったらご紹介しますね。
ではー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かにたま大王

Author:かにたま大王
かにたま大王のブログへようこそ!!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。