籾取りをしたんですよ~

先週「稲刈り」しましたので、今日は「籾(もみ)取り」でした。
まぁ、「籾取り」の作業自体は機械がやってくれるので、
人間がやることはもっぱら段取りの用意と片付け、それに籾殻集めとか、米袋運び。
稲刈りのときにも思ったんですけど、やっぱりもう作業についていけない感じですわ。
筋力が足りない。
疲れてへとへとになるわけではないので体力は問題ないんだけれども、
米袋を持ち上げたり運んだりすることが厳しいのです。

「籾取り」をしたあとに、とりあえずテキトーな量でまとめられた米袋から1斗枡2回で計量して、正式に2斗の米袋を作っていく。
籾の取り外された実だけの米の集合体は重いんだ、これが。
1斗枡だって、約18リットルだから結構な重さ。それが2斗の米袋なら・・・。
しかも、ぞんざいに扱っていいのならば力もそんなにはいらないかもですが、1斗枡すりきりいっぱいの米をこぼさないように用心しながら運んだり、上げ下げしたり量を調整したり。なので、筋肉を緊張状態にしてしばらく保持することになる。それが、きついねー。
すべてを自動でやってくれる機械とかあったらいいのに、と。
なんか、おばあちゃんちの田んぼはちょっと豊作だったみたいで、平年よりも余計に量が多いのでした。

ぐぎぃ、腰が砕けそう~。
と歯を食いしばりながら、
「ああ、まだあんなに選り分けていない米袋が残っているよ~、あう~」
と、丸々と太った米袋が並んだ様子を恨めしく横目で見ながら作業を淡々と進めたのでした。

もう、そうなると、
米袋がモンスターのように見えてくるね。
「ドロザラー」みたいな。
ドラクエ9のやりすぎでしょうか。
中身は「泥」じゃなくて「米」なんですけどね。

ちなみに精米したあとだと米が熱を持っていて、米袋が熱いくらいなんです。
上位種の「ようがんピロー」だね。

それはさておき。
作業が終わったらどこか適当な場所へ行って「DQ9」すれ違い通信でも試すべかなー、と思っていたんですけど、疲れているのでおとなしくアパートに帰ることにしました。
おばさんが今日できたばかりの新米を分けてくれました。
たっぷりめの水で炊きました。
うん、ンマイ!!
3杯もおかわりしちゃったですよ。
とれたての新米は旨すぎて、オカズいらない。
4膳食べたら、2膳がご飯で残りの2膳がオカズのご飯ね。
・・・もうなんのこっちゃw。

苦労はあるけれども、
美味しいご飯が食べられる。
それって素晴らしいことでしょ。
ありがたや~、ありがたや~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かにたま大王

Author:かにたま大王
かにたま大王のブログへようこそ!!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード