スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放置ゲーム製作の覚書

どもー。

先日、放置ゲームをリリースしました。

あやかし捕物帳アイコン
あやかし捕物帳 妖怪ほうっち

遊んでいただけました?
まだでしたら、ぜひプレイをお願いいたします。
感想もお聞きしたいです。

さて、ゲームアプリとして「放置ゲーム」の類を開発するにあたって、自分自身に対する「覚書」。
それを記したいと思います。


▼これまで開発したゲームアプリと異なる仕組み
パズルっぽいゲームとか、アクションゲームを開発してきましたが、その場合の自分のセオリーとして、
MainActivityから各シーン生成し、移り変わる構成にしていました。

タイトルのシーン
 ↓
開始前のシーン
 ↓
ゲームのシーン
 ↓
ゲームオーバーのシーン

といった具合です。
ですが、今回製作の「放置ゲーム」のシーンは1つのみです。
MainActivityから生成するのはゲームシーンのみ。
その中で表示する画像をやりくりして、画面が切り替わっているように見せているだけ。
どうしてそのようにしたかというと、
シーンが1つだけだと時間の管理が楽だから。
シーンをまたぐと、あれこれとやることが増えて大変そうだったので。
また、ゲームの中核である、「時間を追ってキャラが出現している」状況を他の画面が出ているときでも背景にうっすらと表示されている状況を作りたかった、というのもあります。
あと、使用しているライブラリ「AndEngine」のせいなのかなんなのか、シーンを生成、消去を繰り返すと不安定になることがある。
シーンが1つしかなければ安定して動作して、放置ゲーム中の進行状況がキャンセルされてしまうことも防げると思ったのです。
そういうことなのです。


▼放置ゲームとして必要な処理として
●シーン生成時
以前の「探索場所」や各レベルの数値、「胆力」の読み込み。
どこになんの「妖怪」が出現していたかを読み込み。
「妖怪」の討伐数や「New!」表示フラグの読み込み。
前回保存したミリ秒の取得。
時間経過にあわせた新たな「妖怪」の出現処理。

●onPause()
現在のミリ秒の保存。
現在の「探索場所」や各レベルの数値、「胆力」の保存。
どこになんの「妖怪」が出現していたかを保存。
「妖怪」の討伐数や「New!」表示フラグの保存。

●onResume()
前回保存したミリ秒の読み込み。
時間経過にあわせた新たな「妖怪」の出現処理。

・・・。
こんな感じになっとります。

なお、「AndEngine」ではonPause()の呼び出されるタイミングがおかしいので、対策を行う必要があります。
↓こちらを参考にさせていただきました。
http://zaburoapp.blog.fc2.com/blog-entry-3.html



▼テストが大変
「放置ゲーム」のテストは、これまでのどんなゲームよりも大変でした。
長い時間遊び続けて、図鑑を100パーセントにしても、エンディングが正しく表示されないとか。
また、初めからかよぅ、とか思って初期状態から始めると、強制終了が多発するなど。
とにかく時間がかかって大変でした。


以上。
いや、しかし・・・。
すでにリリースしたのにアレですが、
自分しか終わりまでプレイしていないので、ちゃんと「放置ゲーム」として成り立っているのか確信もありません。
「放置ゲーム」開発のセオリーとか存じませんでしたので、自分だったらこう作るかなぁというのを形にしたまでです。
間違っていたら、ご指摘いただきたいです。
よろしくお願いいたします。

ではー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かにたま大王

Author:かにたま大王
かにたま大王のブログへようこそ!!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。