接触事故の目撃者

10月5日月曜日の夜(夕方?)、18時過ぎに車同士の接触事故を目撃したんです。
場所は、高島って所。
その日は晴れの天気予報だったから、自転車で通勤してたんです。
昨今は、帰る頃の18時にはあたりは真っ暗。
いつもと違う経路で帰ってみた。

帰り道の行程3分の2ぐらいのところでの、道路。
歩道の大きくとられた片側一車線の道路。
ワタシは自転車なので、現在の道路交通法では車道を行くべきかもしれませんが、どう考えても危ないので歩道を走らせていました。歩行者はまったくなし。

同じ方向に進んでいた50メートルほど先を行く軽自動車がスピードを緩めた。
見れば、対向車線側にダンプトラックが左折して合流しようとしているところだった。
ダンプが大きく曲ろうとするので、中央の車線をはみ出しそう。
軽自動車がそのままのスピードで進むと衝突してしまうと判断して、ピタリと停車。
ところが、ダンプ側はおかまいなしで案の定、対向車線側にはみ出しながら左折して、

バーン!!

と弾けるような接触音。
お互い右前のバンパーをあてたかっこう。

ワタシは自転車で通り過ぎて停止。
振り返ると、軽自動車は停車したまま、バンパーは音が大きかった割りには小さな凹みで済んだ模様。
ダンプ側は、というと、なんとそのまま走り去っていく。
気付かなかったのか?故意なのか?
あれだけ音がして気付かないなんてことがあるだろうか。
しかも、状況から判断するに車線をはみ出したダンプ側に一方的な過失がある。
軽自動車の運転手も、このままではいけないと思ったのか、車をUターンさせてダンプのあとを追いかけていった。
そのときチラリと車内が見えて、運転手は女性のようでした。

北の方向へと走り去っていくダンプトラック。
その2台か3台後方を追いかけていく軽自動車。

果たしてその後どうなったのか。
それは分かりません。
ワタシは自転車でしたし、興味本位についていくのも道理じゃない。
どうなったのかなぁ、気になるなぁ。
お互いの運転手が話し合いを持つことができて、穏便に決着つけれていたらいいけど。
目撃者や証人が必要なら、自分、やぶさかではないですが。


なにがしかの事件事故、怪しい状況を目撃したら、ちょいと時刻と様子をメモしておくといいかも。
のちのち誰かの助けになることがあるかもしれません。
真相のための助力は惜しまない。
なんつて、カッコつけてみたりしてw。
皆さんも、事件事故にはお気をつけください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かにたま大王

Author:かにたま大王
かにたま大王のブログへようこそ!!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード