怪獣万歳!!映画「GODZILLA ゴジラ」を観てきたよ

どもー。

仕事で疲れきっちゃって、休日(4勤1休なので、平日が休みだったりする)は、ぐったりと寝てすごすことが多いのだけど、慣れてきたのか、今回の休みはけっこう元気。
なので、ぜひ観たかった映画をネット予約で席指定して観て来たったさ。

ツイッターで、ちょろっと感想を書こうと思ったら、下書きが長くなっちゃった。
だから、ブログにしたんですけど、だらだら長く書くのもアレなので、断片的にペロッと書きます。(←ペロッてなんだ?)


映画「GODZILLA ゴジラ」を観てきたよ。
2014年の新作ハリウッド版「ゴジラ」ってやつですね!!

いあいあ、良かった良かった。
ほんとにもー、贅沢だなぁ。
大変贅沢な怪獣映画でした。
「怪獣好き」は、ちゃんと映画館で観るべき。
「怪獣好き」じゃない人も映画館で観るべき。
ちなみに、映像をしっかり目にしたかったので、「吹替版」を選択したですよ。(たぶん、正解だと思われます)

以下、テキトーに断片的に書きます。
散文失礼いたします。
ネタばれは、・・・してますね。ごめんなさい。



怪獣映画としての「王道」をちゃんと分かっている作り手なんだなぁとか感じられる。
そこがいい。(偉そうにスミマセン)
「怪獣映画」+「ロードムービー」的なにか+「災害映画(ディザスタームービーっていうんですかね?)」なとこも、今回の2014年版の「味付け」として賞味するところです。

また、ニュアンスとしては「平成ガメラ」のアレコレが感じられました。(←見ている私が勝手に思っただけですが)
でっかい「もの」が暴れると、どういうことが起きるのか。
また、新怪獣の「電磁パルス」攻撃(?)も、その怖さをしっかり演出。
そらもう、空からいろいろ降ってきますわな。
電気製品全部ダメだから。
だからって、アナログで核爆弾起動って・・・
あ、そこは、「ドラマティックな展開には必要」設定だから、突っ込まないとこね!!

電車で親とはぐれた男の子など、「不必要に思えるエピソード」があるのは「3D」のためのアトラクション演出補強のためなんでしょうかね。そぎ落としたら、もっと濃い流れになったのでは、と。
あと、主人公(?)や怪獣の「瞬間移動」が多めw。
「わあ!危機的状況!!」→「平然と別の場所にいる」みたいなw。
あ、それも「想像で補ったらいいじゃんか」演出だから、突っ込まないとこね!!

いろいろ、イチャモンをつけましたが、これからは良いところを。


「ゴジラ」が、ちゃんと「生き物」なんですよねー。
「歩き」「泳ぎ」などの動きはもちろんのこと、「瞬き」から「体表のうろこ(?)」まで、全身で「生物」を表現している。いいね。
基本的には人間のことを「気にしていない」のもいい。
ちっこい生き物に妨害されることもあるけれど、「俺、仕事に向かっているから!!」みたいな邁進する姿勢。
目的に向かってまっしぐら感。なんだか、「ネコ」の仕草を連想させます。野性味ばつぐんです。
いいよね。「生き物」としての「ゴジラ」。

「怪獣映画」になくてはならないセオリーとして、
「怪獣のプロレス的演出」を分かっているのも、またいい。
「これから得意の大技が出るぞぉ!・・・おおっ!!でったーーっ!!」とか、「ロープから跳ね返ってくる相手にぃ~、ラリアットォきたーーっ!!」みたいなw。観客の期待感を裏切らない前振り。これ大事。
いいよね。「レスラー」としての「ゴジラ」。(←なんだそれ)

一番の見所は、「ゴジラ」が「2匹も相手にして、さすがに疲れたよ。あ~あ」って顔するところ。なんか、かわいい。
ぜひ、映画館でお確かめくださいw。

あ。
新怪獣「ムートー」の造形とか役割もいいっすよ。
人間のようでもあり、触手のようでもあり、蜘蛛のようでもある半身。
顔なんかは「よその星から来たのかもしれない邪悪な生物」感を出しつつ、上から見ると「ゴキ」に通じる昆虫形状でもある。
事情はどうあれ、こいつは倒しておかないとどえらいことになるぜ、みたいには思わせてくれます。これも大事。
なお、この映画を「ムートー」側からの視点で観ると、とんでもなく切ない「ラブストーリー」なのであります。
いやもう、夫が奥さんに餌を持ってきたときの愛情表現とかね。
そんな二人の仲を裂くKYなゴジラ。二人の愛の結晶を葬る人間。
2回目を観賞する場合は「ムートー夫婦がんばれ!!」と応援すべきです。


贅沢さというか、お金をかけている感はスゴイ。ぱねっす。
たった数秒のワンカットに、贅沢なCGを使っていて、「そこまでするか??」と。
あそこまでされたら、もう日本で怪獣映画は作れないんじゃないかとさえ危惧しました。
「着ぐるみがいい!!」とか「ミニチュアには味がある!!」とかもいいけど、もうそんな世界じゃない。少なくとも、あっちの国では。
「ゴジラ」か「ガメラ」かどっちだったか、新作の動きがあるとの噂なので、なんとか工夫して乗り越えて欲しいです。
日本人はアイデアで勝負だ!!
なんつってね。

そして、

「ゴジラ」とは、いったいなにか?
彼の行動は、生き物としての本能なのか!?
自然の代弁者か!?
人間の守り神・・・、じゃないな。とか。
そういった意味で、「平成ガメラ」と「立ち位置」を同じくしてしまったように思えます。
いや、「平成ガメラ」はしっかりしたスタンツがあったわけで、「初代」のあとに「立ち位置」をフラフラさせてしまった「ゴジラ」シリーズがよくないのかもしれないです。
その辺も含めて・・・、
本邦でもハリウッド版「GODZILLA」に負けない新作「怪獣映画」を製作して欲しいと願います。力作を観たいです。


「怪獣映画」の今後の歴史を語る上で外せない、それが、
私の今回のお勧め映画「GODZILLA ゴジラ」なのであります。
ぜひ、劇場にてご観賞ください。
できれば、「吹替」をね!!

ではー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かにたま大王

Author:かにたま大王
かにたま大王のブログへようこそ!!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード