スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カエルパックン」の仮想ボタン実装

どもー。

これまで、Androidゲームを8本作成しました。
8本目の「カエルパックン」で初めて、仮想ボタン(仮想キー?)を取り入れてみました。
スマホやタブレットで、仮想ボタンを使ってキャラクタの移動やアクションを行うのはどうにも慣れないもので、これまで避けてきたところではありました。しかし、「試験的に」ということで、過去作から単純な操作で扱えるものを選んで、「仮想ボタン」のあるゲームを移植しました。

下のゲーム画面。赤い枠が「仮想ボタン」です。
カエルパックンの仮想ボタン説明


カエルパックン」では、左右の移動と舌を伸ばすアクションのみですので、左右ボタンとアクションボタンの3つが必要でした。
左右にジャンプしながら移動するので、そんなに激しい動きや微妙な調整操作が必要ではないと思いましたので、最初に作る「仮想ボタン」ありのゲームとして最適かなと判断したのでした。

「右に移動しながら、舌伸ばしアクション」とかが可能でなければならないので、マルチタッチが必要になります。
右ボタン、左ボタンは排他的ですが、左右とアクションボタンは同時押し可能なのですね。
開発にはAndEngineを使用しているのですが、その場合、マルチタッチには許可が必要なのですな。
許可していれば、タッチイベントで「PointerID」が取得できるようになるので、それで複数のタッチの識別を行うわけですね。
(このあたり、詳しいことはネットで検索をお願いします)
「仮想ボタン」を初めて実装することは、「マルチタッチ」を初対応することでもあったのです。


さて、
私はタブレット端末「Nexus7(2013)」で動作確認を行っています。
以前にも書きましたが、勝手に音量が小さくなってしまう現象があります。
音量ボタンの不具合なのか、それとも画面上を勝手にタッチしたことになってしまっているのか、なぜかは分かりません。
音量を大きく調整しても、すぐに音量スライダーが表示されて、勝手に操作されているがごとくの動きで、音量が小さくされてしまいます。
ホーム画面を触っていても、勝手にボタンが押された動きをすることもあるので、画面上を静電気が流れて反応しているとかなんでしょうか。
まさか、霊的なアレとか・・・なわけないですか。
とにかく、
端末画面を勝手にタッチされたかのような現象があるわけなのです。
これが、「カエルパックン」でも生じているらしく、移動の左右ボタンを押し下げているのに、放したかのように勝手にボタンが元に戻ってしまう現象がありました。また、一時は、ボタンを連打したかのような現象が生じたりもしていました。
どう調べても、ソフト側の問題とは思えない。
この現象って、他の方の端末でも起きるんでしょうかね。
静電気が原因だとすると、同様のスマホやタブレットでも生じるのかなぁ。
だとすると、スマホゲームに仮想ボタンを実装して操作してもらうのは問題がありそう。

とにかく、「カエルパックン」を遊んでくださった方々の反応をみて、今後も「仮想ボタン」を使ったゲームを作成していくのかどうか、検討していかないといけませんな。
あと、下部のバナー広告に近すぎるとか、設置位置の問題も考えていかないと。
「仮想ボタン」が「あり」ということになると、実現できそうなゲームアイデアが増えると思うのですが、さてはて・・・。
他の方々のゲームも参考にして勉強していきたいですね。

ではー。



Androidゲーム、ただいま、公開中なのは以下の6作。

カエルパックンアイコン
カエルパックン

フードアタックフォースアイコン
フードアタックフォース

ぽいっとナイトアイコン
ぽいっとナイト

大砲ドカンアイコン
大砲ドカン!

解体発破アイコン
解体発破

シールドクエストアイコン
シールドクエスト

遊んでみてねん!!!
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かにたま大王

Author:かにたま大王
かにたま大王のブログへようこそ!!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。