師走の事故に気をつけて

今頃になって、自分の中にファミコンブーム再来。
だもんで、
ゲイムマンさんの本「レトロゲームが大好きだ 昭和編」を購入して、文章読まずに画面写真だけ見てましたw。
もっと、ファミコンゲームの画面を見たい!!
カラーで!!ドットが分かるくらいに!!
んで、調子に乗って、Amazonさんで
「超ファミコン」とか、「ふぁみ中 青春ファミコン劇場」の「激闘編」「80's」も注文しちゃいました。

昨日の午前中、親戚を招いて我が家で餅をついていたら、ピンポーン!と玄関の呼び鈴。
宅配のおばさんが届けてくれました。
3冊の書籍。
エプロンにマスク、手のひらを真っ白に汚した中年男が玄関先に出てきたので宅配のおばさんも驚いたかもしれません。
なお、無職の男がAmazonさんでガンガンと書籍を購入していることがバレるといろいろとまずいので、受け取ってこっそり部屋に隠しました。

餅つきの片づけが終わり一段落してから、こっそり部屋で、本を読みます。
文章読まずに画面写真ばかり見てますがw。
ぐへへ。
オイラの大好物の、ファミコンゲーム画面だぜ。じゅるじゅる。
とか、思いながらw。


私の夜の日課、ウォーキング。
寒さ対策に防寒をしっかりして出かけます。蛍光タスキと懐中電灯は必須ですよ。
いつものコースをてくてくと歩きます。
片側二車線の幹線道路。向こう側にコンビニ「デイリーヤマザキ」がある交差点。
田舎の割りに市内では交通量が多いところです。
その交差点を幹線から北側に折れて片側一斜線道路に入ってすぐのところに透明ビニールの幌(ほろ)をつけた軽トラックが停車していました。
交差点から10メートルも離れていない車道に止まっているその軽トラは、エンジンを切り、ハザードランプもウインカーも、ブレーキランプも点灯していませんでした。
歩道と車道の間には高い縁石があり、軽トラは暗がりで後部ランプもつけずに車道をふさいでいる状況でした。
脇を通ったとき、懐中電灯で照らしてみると、その軽トラは、Amazonさんの荷物を届けてくれた配達おばさんの車なのでした。
車内ではおばさんが小さな明かりのルームランプを付けて、調べものだか、携帯だかをしている様子でした。
危ない駐車の仕方をしているな、とは思いました。
しかし、それ以上、特に気にすることなくウォーキングを再開しました。

歩道をまっすぐ50メートルくらい歩いたあたりで、背後から、「ドーン!」と衝撃音が聞こえました。
振り返ると車のライトがこちらの視線を眩しく射るように照射したまま止まっています。
ご近所の家々から、「何事か?」と家人が屋外へ様子を見に出てきています。
私は、元来た道を引き返し、遠巻きに様子を伺いました。
やはりというか、なんというか。
交差点側から来た普通自動車が、駐車していた軽トラの後部に衝突したのでした。
普通自動車は左前を損壊し、軽トラよりも前方に回りこむ形で停車。
軽トラは左側両輪が縁石に乗っかって、片足だけ平均台に乗っけている人のように、妙なバランスで傾いでいました。
双方の乗員は無事なようで、衝撃音の割りに追突は浅かったのかもしれません。
まぁ、自分は野次馬の一人なので、怪我の程度とか詳しいことは分かりません。
たいしたことないといいですけど。

それにしても、午前中、宅配してくれたおばさんが夜には事故に遭うなんて・・・。
ていうか、交差点の近くでハザードやウィンカー、ブレーキランプすらも点けずに、しばらく停車するなんて危険極まりないですよ!!それが夜ならなおさらです!!
交差点を急いで、細い道路側に曲がってきた車には、車道をふさぐ軽トラが突然視界に現れたように見えたはずです。
どんな用事があったとしても、ちゃんと後続車両に分かりやすいように、かつ、避けて通りやすいように気を配って停車すべき。

夜のウォーキングを切り上げて、家に帰って事故のことを報告すると、父上いわく、
「それって宅配の○○さんだろ。あのヒト、すっごい邪魔なところに停車するんだよ」ですって。
最初に軽トラを見かけて「危険な停車をしているな」と感じたときに声をかけたら良かったのかなぁ、と後悔しているんですけど、常習性があるなら聞き分けてもらえたかどうかは難しいところでしょうか。

ま、とにかく、今年ももうすぐ終わりです。
だからといって気を抜かずに。
危険な駐車、危険な運転はやめましょうね。
あと、そういうのを見かけたら気後れせずに声をかけなきゃいけないですね。
自分、反省します。

では、また。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かにたま大王

Author:かにたま大王
かにたま大王のブログへようこそ!!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード