自分流の手抜き術!?

ファミコンカラーパレットに似せた配色で、荒いドット絵を描くことが多いです。
利点としては、色数が少ないので早く描くことができるってこと。
「enchant.js」でお馴染みの9leapの「9Days Challenge」コンテストに多く投稿を寄せたので、短期間で仕上げる手段のひとつとして重宝してきたやり方とも言えます。

ドット絵を描くのは好きだけど、「描かなければいけない量」が多いとさすがにげんなりします。複雑なものも、できれば避けたい。
特に爆発のエフェクトをドット絵で描くのは実にメンドーです。
中から膨れ上がるような膨張感や燃え上がっていく炎は、動画を見て研究したとしても、わたくしのような下手なドット絵描きには厳しい表現なのであります。
爆発エフェクトを作成するツールがありますので、一時はそれを使っていたんですけど、他のドット絵キャラや背景と馴染みにくかったですね。爆発したときだけ、急にグロい感じになっちゃって。

んで、
Androidゲーム「解体発破」も、「大砲ドカン!」も、
単一色の2つの丸が交互に素早くアニメしているだけ。
(丸い物理オブジェクトを生成することで、他のブロックオブジェクトを押しのけて、爆発感を表現しています)
ブラストの絵

我ながら実に簡素です。
それでも、瞬間的に弾けた感は表現できているんじゃないかと思います。
もしかしたら、そう感じるのは自分だけかもですけど。

綺麗で迫力のあるエフェクトを用意できるのならば、それに越したことはありません。
んでも、不慣れな初心者が爆発パターンを丁寧に描いていたら、その途中で挫折しちゃいそうです。
それは私だけかなw。
まずは短期間でゲームを完成させることを目指して、完成後にテコ入れとして、画像を描きなおして差し替えるほうが得策かもしれません。
そのための良い意味での自分流の「手抜き術」を考えてみるのもいいですね。

んでは、今回はこの辺で。

Androidゲーム、ただいま、公開中なのは以下の3作。
シールドクエスト
解体発破
大砲ドカン!

ハッピークリスマス!!
ではー。
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かにたま大王

Author:かにたま大王
かにたま大王のブログへようこそ!!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード