スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分なりの「アン○リーバード」ゲームを作る

TVドラマ「ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~」って、いいですよねぇ~。
ゲーム愛があるよねぇ~。
ガラの悪い輩やいろんな揉め事もあったけど、でも、あのころのゲーセンは「ゲーム愛」にあふれていた気がするね。
え?今のゲーセンにも「ゲーム愛」はあるって?
それはどうもすみませんでした。

あ、さて。
話変わります。

スマホで遊ぶゲームで有名って言ったら、「アングリーバード」。
iPhoneでの有料販売は当初それほど注目を集めなかったけど、Android版の無料ゲームとして公開されると火がついたという。
どっかの記事の受け売りですが。

知名度がすんごいことになって、結果、亜種もたくさん作られてますね。
仕組みやルールとしてはシンプルなのに、なんか楽しい。
自分の放った弾が、物理演算の世界のやぐらを崩壊させるのが、なんとも爽快であります。
単純な操作が、複雑な結果をもたらすのが、TVゲーム、ビデオゲーム系(コンピュータゲームとでも言うべきか?)の真骨頂ですね。

ただ、
「アングリーバード」を遊んでいて、個人的にどうしてもすっきりしないというか、「もっとこうならいいのに!!」と思ったことがありまして・・・。
弾(ていうか鳥ね)を飛ばすのが単発じゃないですか。
1つ1つ狙って発射する。それもいいですけど・・・。
私は、弾(←鳥ね)をバンバン打ちまくって、やぐらを崩壊させたかった。
ドカドカドカッって感じで。
それなら、どんなにすっきり爽快なことだろう、と妄想しました。


さて、私が一番最初に物理エンジンを使って作ったゲームはenchant.js版「大砲ドカン!」でした。
プレイヤーは大砲を撃つという設定で、レッドブロックをぶっ飛ばすことが目的です。
「弾をバンバン打ちまくれる」ようにするために、大砲の照準角度は、自動で折り返すように動く。
ゲーム画面をバンバンタップすれば、それだけバンバン砲撃する。(1画面上の弾数はフレームレートに寄る。なおAndroid版は1画面最大10個までの制限をしている)

自分でゲームを作るんだから、自分の要望は絶対かなえたい。そーいうもんですね。
「アングリーバード」でできなかったストレス発散的な撃ちまくりを可能に。
ただし、撃ちまくりだけではクリアできない、ちょっと頭を使うステージも用意。
あんまり弾を発射しすぎると、弾同士がぶつかって効果的ではなかったり、
結果的に「運」もないとクリアできない仕様になってしまったのはご愛嬌ですw。


enchant.js版「大砲ドカン!

Android版「大砲ドカン!


で、結局、自分の要望をかなえたゲームは面白くなったのか?
それは皆さんに遊んでもらうよりありません。

そーです。
このブログは宣伝なのですw。
それにしても「アングリーバード」は偉大だなぁ。

ではー。
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かにたま大王

Author:かにたま大王
かにたま大王のブログへようこそ!!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。