スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桃太郎で思うこと

いまごろの子供達は昔話「桃太郎」で、
主人公の桃太郎の家来になった3匹の動物について知らないことも多いんだとか。
ありきたりすぎて、親御さんが語らなくなっちゃったんでしょうか。

有名すぎる昔話「桃太郎」。
もちろん、桃太郎の家来と言えば、
助さん、
隠さん、
忠犬ハチ、
と決まっています。

あ、惜しい。
惜しくないですか。


ロプロス、
ポセイドン、
ロデム、
の方がよかったですか?

ま、冗談はさておいて。

実は、「桃太郎の家来」とは、そもそも「桃太郎」本人が自分の中に持ち合わせた精神性を表すものだという解釈はどうか。

「犬」=「実直さ」
「猿」=「狡猾さ」
「雉」=「気高さ」

自らの「理性」にそれらを正しく制御し従わせることで困難を乗り切る力を得ることが出来るとの教え。
儒教的解釈に近いですね。
或いは、

「犬」=「ペット」
「猿」=「珍しいペット」
「雉」=「食糧」

という桃太郎の単なる思い付き的な都合も考えられますが。


岡山の「吉備津彦伝説」をモチーフにしたために「桃太郎」は岡山発祥と言われることが多い。
(実は、在野の研究家の発表を、岡山国体のキャンペーンの際に利用して広く知らしめて、岡山と「桃太郎」を結び付けられたと思われる)
ちなみに「吉備津彦伝説」の更に元となる「吉備津彦(五十狭芹彦命、いさせりひこのみこと)」の吉備国平定に貢献した人物が「犬・猿・雉」のモチーフと考えられるケースが多い。
大和朝廷からやってきた「吉備津彦」。
それに味方した犬飼部(犬を使った軍事部と思われる)の「犬飼武(いぬかいのたける)」が「犬」。
猿飼部の「楽楽森彦(ささもりひこ)」が「猿」。
そして、「名方古世(なかたのこせ)」が「雉」。
「名方古世」は「鳥取部(ととりべ)」で、鳥を弓矢で仕留めたり飼育して食糧として提供する役割を担っていたと考えられる。(「鳥取部」ではなく、「鳥飼部」と表現するヒトもいる。Wikiなどがそうであるが、「鳥飼部」が存在した資料はないらしい)
そのころの「食糧の鳥」といったら「雉」。
なので、
「雉」=「食糧」
という見解もあながち間違いではないのかもしれません。

ま、ワタシが言えることは・・・。


キジさーん!!、
仕事が終わったら早く逃げてーっ!!



ちなみに、
「吉備津彦縁起」では、鬼である「温羅(うら)」を最後に追い詰めるのは、
「雉」に変身した「吉備津彦」であります。
「鳥飼部」が活躍し、手柄を立てた証拠なのかもしれませんな。


P.S 上記のことはワタシの勝手な見解です。鵜呑みしないように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かにたま大王

Author:かにたま大王
かにたま大王のブログへようこそ!!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。