カレーのレトルトのハナシ

ショップに行って、着こなしのいいお兄さんに
「今一番売れているジャケットはどれですか?」
と聞いたら、
「オレ、店のヒトじゃないんで、わかんないっす」
と苦笑されたことがあります。
店員さんじゃあなかったのね。
服装が店員さんに似てるって!?と自分の間違いをヒトのせいにしてみる。

ちわ!
そんな、かにたまです。
11日は「建国記念日」で祝日でしたね。(いまさらですが・・・)
ほとんどを録画番組の消化とゲームで過ごすというインドア街道まっしぐらです。

さて、出不精で買い物もしてなくて、
晩御飯はなににしよ。
ということで、思い出したのがカレーのレトルト。
たしか、戸棚に仕舞ってあった。
スパゲッティの麺があるから「カレースパゲッティ」を作るのもいいかなとか考える。

以前、妹君が旅行のお土産として買ってきてくれた、
カレーのレトルト、
「○○100年カレー」。(「○○」は伏字)
紙箱パッケージ内にレトルトパウチが2個入っていて、
妹君からもらってすぐに熱々ご飯で「カレーライス」をいただきまして大変美味しかった記憶があります。

紙箱にもう1つレトルトパウチが残っているのを見つけて、中身のドロッとしたやつをドンブリに開封してレンジでチン。
レトルトは手軽で便利でありがたいです。

スパゲッティ麺は細めでも茹であがりに時間がかかりますね。
ガス代節約するなら「焼きそば用の生麺」の方がいいのかも。日持ちしないですけどね。

茹で上がったら、先ほどのドンブリに麺を移して、
「カレースパゲッティ」の出来上がりだー。

フォークがないから箸で食べる。
いただきまーす。
・・・。
・・・。
あれ?
ぜんぜん、カレーの味がしない。
もしかして、オイラの舌はバカになったのか??
油っぽい中に「肉」とか「なにかのキノコ」っぽいのがあるのは分かるが。
・・・。
・・・はっ!!

そのとき、気付いた。
「○○100年カレー」は1人前だったのだと。
レトルトパウチは、
「カレーのルー」と
「具材」に分かれていたために、
ゆえに「2つ」入っていたのだと。
つまり、もらった当初に
「カレーのルー」だけ食べてしまって、
「具材」のレトルトパウチだけ残っていたのだ。


結局のところ、
「味付けしていないスパゲッティ麺」に
「柔らかく煮込んだ具材」を足して食べているのであって、
ほとんど味がないし、
もちろん期待していた「カレー」要素はまったくないのでありました。
ま、塩コショウしてみると、「ペペロンチーノ」っぽくないこともない。

ふむ、今、思い返しても口の中に油っぽさばかりが甦ってくるようです。

「1人前」のくせにそれらしいことをはっきり明記していないし、
紙箱パッケージに、同じような見た目の「レトルトパウチ」が2つ入っているのがいけないんだ!!
などと例によって自分の間違いをヒトのせいにしてみたりして。


あなたも、
本体と具材の分かれたレトルトパウチには気をつけて。
そんな感じです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かにたま大王

Author:かにたま大王
かにたま大王のブログへようこそ!!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード