スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケイタイタイムトリッパー

家族でファミレスに行ったときに、母上の携帯電話の「時計」についてのハナシで盛り上がった。
携帯電話の表側に表示されている時計と、内部の画面での時計は同じモノではないのですね。
母上の携帯電話は、
折りたたんだ状態で外側の時計の時刻と、
それをパカッと開いて中の画面での時計の時刻は、
中のほうが2分進んでいたんだってさ。

何かの拍子に電源からリセットしたら、中と外、両方の時刻はあうようになったらしいです。

それにしても、ひとつの携帯で示す時刻が違うなんて、どうなんでしょ。
2つの時刻をそれぞれ管理しているのですね。

実は1つの時刻しか管理していなかったとしたらどうか。

ワタシは、もしかしたら母上の動作に問題あるのかもと考えました。
外より中のほうが2分早いってことは、
外側の時刻を見て、
携帯をパカッと開いて、
中の時刻を確認するまでに
普通に「2分」経過しているとは考えられないか。
母上の動作が非常にスロ~リ~だとそういうことがあるかも、とか。
それだったら中と外の時計に時間差があってもうなづける。

さすがにそれはないですか?
そんなに時間かかるわけないだろ?ですか。

では、少しだけ未来へ、
そう2分だけ未来にタイムスリップしているとしたらどうか。
携帯電話のパカッと開く動作がカギとなって、
時空のゆがみが生じて、
2分先の同じ場所へタイムワープしている。
むむ。
それだとなんかすごい。
(母上が年の割に若く見えるのはそのせいか!?)

もし、これが逆だったらどうか。
外の時計の時刻を見て、
携帯をパカッと開いて
中の時計の表示を見ると、
2分遅れている!!
だったりしたら。

2分前の過去にさかのぼった!?


世界中どこを探しても、
自分の時間がいつもどおり、
正しく流れているかどうかなんてチェックしているヒトはいないでしょう。
ならば、少しくらいタイムトリップして、
時刻が前後していても気付かないかもしれない。

着信バイブを感じて携帯を開いたがなにもない。
んで、2分後に着信があった。
そんなときは過去へと時間をさかのぼっているのかもしれない。

ふと街の片隅で、携帯電話をパカパカしているヒトがいる。
そのヒトは「タイムトリップ」をしているのかもしれない!?

(いや、たぶんそれは、連絡待ちで気になってソワソワで、思わず何度もチェックしちゃってパカパカしているのだろうけども・・・)

携帯電話ってスゴイね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かにたま大王

Author:かにたま大王
かにたま大王のブログへようこそ!!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。