スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング1位たーっ!!ファミ通Xbox360の巻

積みゲー解消キャンペーンと称しまして、本棚の後ろ側の段に大事に大事に仕舞い込まれていたタイトルを続けてプレイしてみました。
箱○「Xブレード」
箱○「eM エンチャントアーム」
箱○「CONAN」
どれも独自に面白いゲームなんですが、「積みゲー崩しをやっている」という自身への無理強(じ)い感が「早く終わらせて次をしなきゃ」という思いを呼んでしまい、駆け足でプレイしようとするもんだから、もっと深い面白さには到達できずに終わらせているような状況がありました。
やっぱり、「積みゲーは罪」なのかなぁなんて。
買ったときが「旬」なので、「旬のうちに食する」のがいいのかもですね。
分かってはいるんですけどね。それがなかなか・・・。



そんな箱○三昧なワタクシですが、
今日、ゲーム雑誌「ファミ通Xbox360 5月号」を購入してきました。
事前に編集者さんからメールをいただいていたので分かっていたことではありますがw。

ワタクシ、かにたま大王は

読者投稿コーナー「リーダーズボックス」で
2009年度年間ランキング1位を

とったどーっ!!

やったーっ。うれしー。

思えば、Xbox360を盛り上げるために一役買いたいとの思いで投稿を始めた2008年度。
まさかの一時的なランキング1位により、
「もしかして頑張れば総合1位も狙えるんじゃね?」と思いたって、
力を入れてみたら結果惜しくも2位に。
なので、2009年度は始めから熱心に投稿していました。
イラストを描くためにと夏のボーナスで「スキャナ」を購入したりしてね。
後半は文章ネタがさっぱり採用されなくなったので、危ぶまれましたが、
なんとか最後の最後で挽回した感があって、年間チャンピオンということになりました。
いやぁ、編集者さんから「インタビューメール」が来たときは嬉しかったなぁ。
ちなみに103ページに「かにたま大王さんへインタビュー!」が掲載されています。
もともとはもっと長い文章だったのをなんとか添削していただいたというところもあり、質問に対しての回答が妙なことになっている部分もありますが、それはワタシの喜びの大きさがそうさせたものとご容赦くださいw。

ネタにさせてくれた友達や応援してくれたフレンドの皆様、そして、編集者様、ありがとうございました。

防衛戦はしません。疲れたからw。
きっと「かにたま大王」人生のピークなんでしょうなw。

そういや、賞品は「Xbox360アーケード」本体なんだとか。
箱○を持っているヒトが読んだり、投稿したりしているというのにその賞品は・・・。
倫理的にも譲ったり売ったりすべきではないから、
予備機として大事に保管しておくしかないですよな。
ワタシの初代本体「Xbox360発売記念パック」も景品としていただいたものでした。
これは、神様が「箱○との切っても切れない縁があるぞ!」とおっしゃっているんだなぁ、きっとw。


なんだか自慢話に終始しました。
すみませんでした。

さて、次はどの箱○ソフトを遊ぼうか。
ではー。
スポンサーサイト

ベランダに珍客か?

おひさしぶりです。
さて。


休みの日はゆっくり朝寝坊したいじゃないですか。
寒い朝は余計にそう思います。

前の日曜日、朝7時ごろ。
もうちょっとダラダラ~っと寝ていたいなぁと思うのに・・・。


ぶぽっぽぽー、ぶぽっぽぽー、

え?

くるくる、くるるくる、

あ。

ぶぽっぽぽー、ぶぽっぽぽー、

ベランダの物干し竿に「ハト」がとまって、
向こうを向いたり、こっちを向いたり、
スライド移動してみたりしながら、ときどき盛大に鳴きます。

ぶぽっぽぽー、ぶぽっぽぽー、

ワタシの枕の位置から「ハト」までは、直線距離で2メートルほどだから音の威力はなかなかのものです。
寝たい。
でも、うるさい。

ああ、でもなんだか嬉しいような気もする。
動物が人間に気を許して、そばにいてくれるのって、嬉しくありません?
たぶん、こっちに気付いていないだけだろうけど。

しょうがねぇなぁw。
そこが気に入ったのなら、気の済むまで鳴いているがいいさ。
そう、オイラは心の広いオトコなのさw。

ま、これをネタにしてブログでも書くかなと考えたりして。
デジカメで撮影でもしてやろうかなと思っていたら、その「ハト」は飛び去っていきました。
結局、30分くらい滞在していたのかな。

それからしばらくして。
1時間後ぐらいに洗濯物を干そうとベランダへ出た。
すると、
ベランダ用のサンダルの上に、
見たこともないような
盛大な異物があるのを発見!!

フン害です。
フン害に憤慨です。

白い汚物をティッシュでふき取りながら、
「また、あのハトがきたらどう対処しよう・・・。来てもらえるのは嬉しいが、やはり追い払うべきなのか・・・」
などと考えていたのでした。

皆さんもベランダで鳴くハトには気をつけて!!

天使の羽が舞うけれど

箱○「Xブレード」は2周目が面白かったです。全実績解除したし。
変にややこしくないのがいいですね。
あと、壁際に馴染んでいる「破壊物」を探し出して、粉砕していくのがいい。
ツボは割られるためにあるのだっつーことで。

さて。

温かくなったなぁと思ったら、朝は冷え込んだりして。
こういうときに風邪をひかないようにね。
服なんかで体温調整できるようにしとかないとね。

最近、ふと気付くと、
自分の周りに「白い羽」がフワフワと浮遊していることがある。
長さが1センチから3センチほどの小さな羽で、捕まえても触っていることが分からないくらい繊細な羽毛。

これはあれだ。

ワタシは「天使」だったんだな。

で、なにげにワタシの体から「羽毛」が飛び散ってしまう。

そうか。
そろそろ「薄汚れた人間界」とはオサラバして、「天界」に戻れという思し召しなんだな。

なーんてことは、もちろんなく。

安物の防寒ジャケットから、中身の「羽」が少しずつ出てきてしまっているのでした。
もしかしたら、知らぬうちに口から吸い込んでしまったり、自分の食事に紛れ込んで食べてしまっているのかもしれない。
「羽毛」が口の中に入るイメージって嫌悪感を覚えますよね。


さて。

箱○「Xブレード」。
ステージ内の魔物を掃討すると、次のエリアへの通路が通行可能になる。
それまでは通路が「血煙」で塞がれているように見えるんだけど、
クリアするとその通路に光が差して、無数の「天使の羽」のようなものが舞っている表現となる。
「行く先に聖なる光がさした!」ってイメージだけども、
主人公があの「羽」の舞っている中に歩みを進めるのかと思うと・・・。

通路を通り抜ける頃には、
たぶん、口の中とか「羽」でいっぱいです。
それか、息を止めているね。
ワタシもその主人公にならって、次のエリアに出てくるまで息を止めておこうか。

いや、死ぬって!!

「Xブレード」はロード短いけど、そういう問題じゃない。
たぶん。

うっかりクリィーミー

現在の至福のときは、ホットのコーヒーを片手にときおりチビチビとやりながら、
箱○「Xブレード」をザクザクとテキトーに遊ぶこと。
やられちゃってもペナルティないからいいね。ソウルが貯まる一方だし。
適度に爽快感を求めてザク斬り&魔法連発してれば、問題ない。
単調だけども、手軽で遊びやすいというのは長所でもあります。


ゲームが一区切りついたところで、コーヒーをもう一杯。
そう思って、大き目のカップにインスタントコーヒーの粉をスプーン1杯。
次にクリープの瓶を開けたらほとんどなかった。
補充分は詰め替え用を買い置きしているので、それを冷蔵庫から取り出す。
詰め替え用クリープの封を切り、
中の白い粉を

ドサドサーッ、っと

コーヒーカップに、

・・・。

えっ?

あ~あ、ガッカリ。
自分にガッカリ。
クリープの瓶じゃなくて、コーヒーカップの方にミルクの粉を満杯に補充しちゃったよ。
コーヒーの粉と混ざらないように、白い粉をコーヒーカップからスプーンですくっては小さなクリープの瓶へ移し変える作業。
途中、メンドイから、カップから瓶へ直接ザーッと流し込もうとしたら、白い煙がもうもうと立ち出して、その方法は断念。
地道にスプーンで移し変えたよ。


ついつい、なにげに違う器に移し変えてしまったりする「うっかりミス」って、年をとるごとに増えてきた気がします。
玉ねぎの皮をむいて、皮を捨てようとして、間違えて中身の方を三角コーナーに放り込んだりしてね。
そのうちにゲームコントローラとコーヒーカップを間違えて、大惨事になりそうな予感。

皆様も、やたらとクリィーミーなコーヒーには気をつけて。
って、なんのこっちゃ。
では。

おでんは、まわしてください

新人の頃は会社での電話対応がとても苦手でした。
10年過ぎてやっと少し慣れたかなといったところ。

以下は、自分なりのメモメモっと。


あせっても、ろくなことがない。
早口は聞き取られにくいし、自身のテンパリ具合を悪化させてしまうので、ちょっとゆっくりめに話す。

口の端をちょっと上げて軽い笑顔で、微笑んでいるように優しく話す。
謝るときなどは逆に口の端を下げるような意識で。ただし、謝り過ぎないことも大事。原因や状況、対策をしっかり説明すること。

「お世話になります」(以前お会いしている場合は「その節はお世話になりました」)
「申し訳ないですが、○○していただけますか」
「お手数おかけしました」
「どうぞよろしくお願いいたします」
「失礼いたします」
とかは、常套句で。

こちらがなにかを「してあげた」のではなく、「させていただいた」。
「だから」という言葉は、相手を否定する文章に繋がることが多いので使用を避ける。
「できない」と断るのではなく「いたしかねる」、「できかねる」。「ちょっと無理っぽいんですわ。分かってくださいまし~(苦笑)」を頭の中でイメージ。


こちらから電話をさせていただいたときには相手側の事情もかんがみて、電話での話を続行しても良いか、まず聞くこと。
「いま、お電話よろしいですか?」

覚え方としては、

「いま、おでんはよろしいですか?」


数をこなすことと、
営業の上手いヒトの電話対応を観察しておいて、真似て演じるのもいいかもしれない。

え?
「おでん」のくだりはどうでも良かったですか?

それでは、

おでんは、かけなおさせていただきます。

よろしくお伝えくださいませ。
プロフィール

かにたま大王

Author:かにたま大王
かにたま大王のブログへようこそ!!

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。